生理痛

生理痛のページをご覧いただき

ありがとうございます。

 

生理痛は人によっても違えば

同じ方でもその時の体調によっても大きく変化します。

 

【生理痛とは・・・?】

生理痛とは正しくは『月経困難症』といいます。

『月経困難症』とは、生理直前または生理開始とともに、『下腹部の痛み』『腰痛』『お腹の張り』『吐き気』『頭痛』などが強く現れて、日常生活に支障をきたすものをいいます。

『月経困難症』には、骨盤内の子宮や卵巣などの生殖器そのものには異常が見られないが月経困難症の症状を呈する『機能性月経困難症』と子宮筋腫・子宮腺筋症・子宮内膜症などが原因になって月経困難症の症状を呈する『器質的月経困難症』があります。

【『機能性月経困難症』と『器質性月経困難症』の特徴】

『機能的月経困難症』は10代〜20代前半以降に多く、主に排卵性月経に伴って起こるため基本的には無排卵月経では起こりません。痛みなどの症状は月経の1〜2日目に症状が強く出て、1日経つと軽減するケースが多いです。

また妊娠・出産を経験すると症状の改善、消失を見ることが多いです。

『器質性月経困難症』は30代以降に多く、機能性月経困難症と違い無排卵月経でも起こります。特に子宮筋腫などの疾患があると『過多月経(経血の量が異常に多い)』『強い腹痛』『貧血』など通常の月経痛とは異なった症状を呈することがありますのでご注意ください。

『器質性月経困難症』の症状は市販薬などでは軽減できませんので、まずは医療機関での治療をお勧めいたします。

 

 

そのため当院の施術コンセプトは、

問診・検査をとても大切に考えております。

 

あなたのお悩みの症状の原因がどこにあるのか?

その部分を納得いただけるまで、しっかりと調べた上で、

施術プランを提案・説明させていただきます。

 

患者様方が健康で充実した生活を送れるよう、

精一杯サポートしていきます。

 

詳細につきましては現在少しずつ作成しております。

何か質問等ありましたら、

当ホームページ内のお問い合わせフォーム

もしくはお電話にてご質問ください。