耳なりの患者様〜虚証〜

こんにちは

白岡総合整骨院の大井川です。

 

気温は上がりだいぶ温かくなってきたかな〜

と思っていたら今日は風が強い!

意外に寒い!

と若干狼狽えています。

 

気温の差は嫌ですね〜

まだまだ足のヒートテックは手放せなさそうです。

 

 

 

今日は久しぶりに患者様のお話

 

60代 女性

左側の耳鳴りが気になり来院

話を聞くと耳鳴りだけではなく

・眠りづらい

・力が出ない

・腰が痛い

・背中も痛い

・胃腸の調子も良くない

・左の聴力低下

などの様々な症状がありました。

 

検査の結果

鍼灸が有効だと判断し治療を開始。

 

 

現在

耳鳴りはかなり減り

腰痛・背部痛も軽減

胃腸も食が進むようになってきているとの事

 

Sさん 今後も続けて治療をしていきましょう!

 

 

 

 

 

 

さて、ここからちょっと東洋医学の考え方に触れて頂こうかと思います。

東洋医学の考え方で、というものがあります。

 

これは病気の勢いを判断するもので、

勢いが強いものを実』

勢いが弱いものを「虚」といいます。

 

これは体からしてみると、

どちらも良い状態ではありません。

 

え、弱い方が良いんじゃないの?

と思われるかもしれませんが、

弱い方が長期化しやすかったり、

奥に入り込むような習性があるので、

一概に弱い=良いにはなりません。

 

 

 

 

虚とはつまり空っぽ

本来あったものが失われた状態です。

 

逆に実は充満し

多すぎて溢れかえっている状態

 

 

 

川を例に出すと

水が少なくてからっからでも良くないですし、

多すぎると氾濫し危ないですね。

水量も一定でサラサラと常に流れている状態が

体にとって良い状態であると言えます。

 

 

治療も東洋医学の場合患者様の状態に応じて変えていきます。

なら減った部分を増やす手技をし、

ならば逆に増えた部分を減らすような手技を選択します。

 

 

ちなみに上のSさんの場合は「虚」の方でした

そのため減ったところ

増やしてあげる治療が必要なのでした。

 

ちなみに実証から発症する耳鳴りもあり、

症状が少し違ったりします。

 

その話はまた後日・・・

 

 

これが東洋医学の基本的な考え方の一つになります、

なんとなくお判りいただけたでしょうか?

あなたの症状は「虚」『実』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〒349-0217

埼玉県白岡市小久喜1213−3ー1F

 

JR宇都宮線 白岡駅

西口駅ビル

 

白岡駅より徒歩0分

駐車場完備

 

【施術時間】

月~金曜 9:00~12:00     15:00~20:00

土・祝日 9:00~18:00

日曜休診

 

整骨・カイロプラクティック・鍼灸・グラストンテクニック・手技・整体

白岡市・久喜市・蓮田市・春日部市・伊奈町・上尾市・加須市・羽生市・宮代町幸手市・杉戸町・さいたま市の交通事故治療(むち打ち)、捻挫やケガは白岡総合整骨院まで

 

肩こり・首痛・頭痛・膝痛・腰痛・椎間板ヘルニア・坐骨神経痛・脊柱管狭窄症脊柱側弯症・骨盤矯正・スポーツ障害・手足のしびれ・顎関節症・自律神経失調などは白岡総合整骨院附属鍼灸院にご相談下さい