ベトナム珍道中2〜本日も余計に漕いでおります〜

皆さんこんにちは

白岡総合整骨院の大井川です。

 

 

はい。

ということで今日は2日目の模様をお送りします。

 

前日の夜、地元の居酒屋にて

揚げ鳩に遭遇した我々は、

一人以外若干の胃もたれと戦いながら

2日目のコースである『チャンアン』へと向かうのでありました。

行く途中にベトナムの踊り子とパシャリ。

 

 

 

チャンアンは2014年に世界遺産登録となった

比較的に新しい世界遺産です。

世界遺産には文化遺産と自然遺産と

その両方である複合遺産があります。

この複合遺産、ベトナムだけでなく

アジアでも初登録ということで

登録時には多いに盛り上がったようです。

 

そんな経緯を饒舌に語るガイドさんの説明を

夢うつつに聞きながらバスに乗ること2時間

はい到着!!

 

 

 

着くとまず目についたのが、

大きな牛、水牛です。

 

ベトナムでは昔から水牛を動力として

よく利用していたので庶民に馴染みのある生き物だったようですね。

跨る飯島・斎藤両先生。

 

そのため、昔は出来る男の条件が

◎バイク

◎家

◎水牛

だったとのこと。

日本で言うところの3高といった所?

ご利益あるかな・・・。

 

 

 

はい、遺跡を堪能してからは昼飯ですね。

船ということを考慮して

ビールはちょっと控えめ。

 

 

 

チャンアンは水上を手漕ぎの船で進みます。

船頭のお姉さんにバランスが取れないから

『重いな、端に寄りやがれ!』的な声をかけられながら

水上をゆるゆると進みます。

 

いざ洞窟へin!!

私たちのルートで通過する洞窟は4つ

中はかなり低く天井がすぐそばにあり、

なるほど水量が上がれば通行不可能

というのも頷けます。

ボーッとしているとお姉さんに『頭下げろ!!』

と言われます。

 

 

しかし、この洞窟かなりコースが厳しく

直角に近い曲がり角もあり

お姉さんのドラテクが冴え渡りまくりです。

 

しかし、良い風景もさすがに飽きてきます。

何と言ってもこのコースは2時間

2時間ボートを漕ぎ続ける船頭さんたちは

凄まじいですが、やっぱり飽きる。

 

 

ふと船内を見渡すとお客さん用でしょうか?

パドルが二つゴロッと転がってます。

 

そうしたらなんと雨も降り始めました。

こうなると船内の思いは一つ。

『早く帰りたい!!』

 

 

パドルをグッと握りしめ、

前方組(五十嵐・飯島)と後方組(佐藤・大井川)で、

順番に漕ぎ始めます。

 

ふと前を見ると斎藤先生の乗る別働隊の船が、

『・・・追い抜いちゃおうか?』

 

 

こうなるともうレース化。

で、こちらが追い抜くと

向こうもやっぱりパドルを片手に抜き返す。

 

そんなこんなで通常2時間の行程を90分で走り抜けました。

代償としてみんな汗だく、佐藤先生は手のマメを潰しましたとさ。

めでたしめでたし。

 

 

3日目に続く・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

白岡総合整骨院

 

埼玉県白岡市小久喜1213−3 1F

JR宇都宮線 白岡西口駅ビル 白岡駅より徒歩0分

駐車場完備

 

【施術時間】
月~土 祝日 9:00~12:00
14:00~20:00

日曜・水曜午後休診

 

整骨・カイロプラクティック・鍼灸・グラストンテクニック・手技・整体

白岡市・久喜市・蓮田市・春日部市・伊奈町・上尾市・加須市・羽生市・宮代町

幸手市・杉戸町・さいたま市の交通事故治療(むち打ち)、

捻挫やケガは白岡総合整骨院まで


肩こり・首痛・頭痛・膝痛・腰痛・椎間板ヘルニア・坐骨神経痛・脊柱管狭窄症

脊柱側弯症・骨盤矯正・スポーツ障害・手足のしびれ・顎関節症・自律神経失調

などは白岡総合整骨院附属鍼灸院にご相談下さい