顎関節症

当院の顎関節症ページをご覧いただきありがとうございます。

このページを見てくれているという事は、
あごの痛みや開口障害にお悩みですね。

歯科医院で噛み合わせや
就寝時のマウスピースを指示されたりしていますね。

 

顎関節の痛みってつらいですよね。
通常1日3回食事しますし、あくびもでます。
その都度気になってしまいます。

私も開口時に右側の顎関節にクリック音があり、
調子が悪くなると口が開きにくかったり、
少し痛みを感じたりすることがありました。

tmjsympton

歯科領域では噛み合わせの問題を指摘される
ことが多いかと思います。

確かに噛み合わせの問題もあるかもしれません。
しかし、その治療で変わらない症状は、
脳や神経の異常が問題になっている可能性があります。

・急激なストレス
・歯ぎしり
・何かに熱中したり緊張して強くくいしばる
・唇や頬の内側を噛むクセがある
・頬杖、うつ伏せ寝、不良姿勢
・顔面打撲や事故による外傷
・入れ歯や歯にかぶせたものが体に合っていない
・大口を開けたり、硬いものを噛んだ
・左右どちらか一方で噛む癖がある、片側の歯が悪いため反対の歯だけで食べ物を噛む
・うつ、不安因子がある。睡眠障害

上記が日本口腔外科学会HPにある
顎関節症の原因です。

 

脳や神経に異常が生じると、
筋肉の緊張がコントロールしづらくなったり、
睡眠障害を引き起こしたりします。

 

ホントは眠る時リラックスしているはずなのに、
寝起きでアゴが疲れている・・・

ということになってしまいます。

 

当院では脳や神経系にアプローチし全身を調整し、
あなたの辛い症状の根本から改善します。

アクティベータ・メソッド

鍼灸治療

顎関節症にお悩みでしたら、
是非当院までお気軽にご相談下さい。