運動(スタミナ)の限界!

こんばんは、小関です!

今日は運動(スタミナ)の限界を決めているのは?

について書いていきます!

 

ランニングをしたりダッシュをしたりして

足が痛くなった!心臓の鼓動が激しくなった!

呼吸がゼーゼーハーハーしてもう走れない!

実はこのような身体の状態になるのは

「脳」が指令を出しているのです!

脳は体温、血液内の酸素量等、体の中から

様々なデータを集め、過去の経験に基づいて

どれだけ運動を続けるべきかを総合的に判断

しているのです!

身体が限界に達する前に運動をやめさせようと

している事になります!

例えばマラソンのラストスパートでほとんどの人は

それまで辛かったとしても、ゴールが目前に迫って

きたとたんにスピードをUPしますよね?

これはゴールが視界に入ったとたんに

脳がスピードUPの指令を送りだします。

 

このように運動時に「限界」と感じたり

急にスピードUPが出来るのも

筋肉や心臓、肺の生理学的な限界ではなく

「脳」による潜在意識のプロセスである事が

考えられます!

本当に脳は奥が深いっ!!

 

 

白岡市、蓮田市、久喜市、幸手市、春日部市、宮代町

杉戸町、伊奈町、上尾市、さいたま市の

交通事故、労災治療、腰痛、膝痛、肩痛、

日常生活でのケガ、スポーツ障害は

白岡総合整骨院附属鍼灸院まで!