牛タン(笑)

院長の宮尾です。最近、ブログをさぼっていたもので・・・これからは、まじめにアップしますね。

9月2日(日)に仙台に牛タンを食べに行ってきました・・・っていうのは、冗談で勉強会に飯島先生と行ってきました。内容は、人工膝関節と肩関節(腱板損傷)の鑑別診断と治療法です。最近の人工関節は、とても優れていて耐用年数が改善され、傷口も少ないのが特徴です。手術後のアンケートで、もし手術をしていなかったら震災で逃げられなかったと衝撃的なアンケート結果でした。次に肩関節(腱板損傷)ですが、ものすごい精度の高い徒手検査法で勉強になりました。腱板損傷は、かなりの確率で保存療法に効果が認められています。この勉強会で、より知識が深まり毎日の診療にとても役立ちます。今後も継続して勉強会やがっ学会に積極的に参加します。

牛タンですが、肉厚でおいしかったですよ♪かなりのボリュームでした。