椎間板ヘルニア=痺れ?

こんにちは、海の日をみなさまはどう過ごされましたか?

久々のブログ更新、院長の小関です。

 

よく、手足が痺れるのは椎間板や脊柱管狭窄による神経の圧迫と

いわれています。でも本当に神経が圧迫されると痺れるのでしょうか?

最新の研究結果によりますと、神経はとても強く圧迫されただけでは

何も起きないそうです!

 

実は痺れの原因は血流が悪化して、酸素不足になり

神経がうまく働かなくなっている状態なのです!

 

血流が悪化する原因としては色々ありますが

一番の原因は何と『ストレス』なのです!

ストレスにより血流が悪化するだけではなく

脳、神経を刺激して痛みを増大させます!

 

ストレスにより血流が悪化

酸素不足により神経がうまく働かない

痺れが出る

ストレスにより自律神経が乱れる

筋肉も緊張するし、また痺れも出るし痛みも出る

この悪循環を延々と繰り返す事が多いのです。

 

実際にヘルニアで症状が出るのは2〜3%といわれています!

今まではヘルニア=痺れ痛みと言われて来ましたが

実際はほとんど無関係である事がわかってきました!

 

白岡総合整骨院では常に最新の医学を身につけ

患者様に還元出来るように努力してまいります!

腰痛でお悩みの方はぜひ一度ご相談下さい。

 

 

腰痛、膝痛、肩痛、骨折、脱臼、捻挫、打撲、挫傷

白岡市、久喜市、蓮田市、春日部市、杉戸町、宮代町

伊奈町、上尾市、さいたま市の交通事故、労災治療は

白岡総合整骨院附属鍼灸院まで。夜8時まで受付中!