日本初のマラソン大会

こんばんは、小関です!

そろそろ桜も咲いてお花見のご予定がある方も

多いのではないでしょうか。

暖かくなってきたし、そろそろジョギングでも

始めようかと思っている今日この頃です!

 

そこで先月は『東京マラソン』がありましたが

初開催は2007年であれから8年、

今では全国各地でずいぶん多くの大会が開催

されるようになりました。現在のマラソンブームは

東京マラソンがきっかけになっているとして、

日本初のマラソン大会はいつ開かれたかというと

1909年(明治42年)に

神戸〜大阪間の約32㎞を走る『マラソン大競争』が

大阪毎日新聞社主催で行われたという記録があります。

日本でマラソンという言葉が使われたのはこの時が

初めてと言われています。

くたびれ儲けというわけで、当時は「丸損」などと

揶揄されたそうです!20人の選手が出場して

岡山県の金子長之助選手が2時間10分54秒で優勝し

賞金300円と金時計など豪華賞品が贈られたそうです。

 

ただ走るだけではなくこういう歴史を調べてみると

面白いものですよね!

 

 

白岡市、久喜市、蓮田市、宮代町、杉戸町、幸手市

春日部市、さいたま市、伊奈町の交通事故、労災治療は

白岡総合整骨院まで!夜8時まで受付中。