問題です(‘▽‘#)!

こんにちは!水曜日担当の淺田です!!

 

今回は、昨夜母から面白い話を聞いたので

そのことについて書きたいと思います!

 

皆さんは、風邪などで何回も鼻をかんだ時に

鼻の下が赤くなったり、痛くなったりした経験はありますか?

きっとたくさんの方が一度はあると思います。

 

なぜそうなると思いますか?

と聞かれたら、皆さんは何と答えますか??

ほとんどの人は『鼻をかみ過ぎで擦れたから』と答えると思います。

私もそうだと思ってました。

 

でも実は違っていたんです!

正解は….

鼻水に含まれる成分によって皮膚が溶かされてしまうからです!!

『蛋白分解酵素』という成分が鼻の入口の粘膜と皮膚の移行部の蛋白を

溶かしてしまうからです。

ずっと擦れていたからだと思っていたのでびっくりしました(笑)

 

これを予防するためには

((保湿クリームを塗る&柔らかいティッシュを使う))

だそうです!

 

風邪、インフルエンザの人が増えてきて

鼻をかむ機会が多くなってきたと思います。

 

ぜひ鼻の下を赤くしないためにも、痛い思いをしないためにも

予防をしてみてください(*’▽’*)♪(笑)

 

 

 

 

 

白岡市、久喜市、蓮田市、幸手市、春日部市、宮代町、杉戸町の

交通事故、労災治療、腰痛、漆痛、肩痛、骨折、脱臼、捻挫、挫傷は

お任せ下さい、夜8時まで受付中!