コラーゲンのお話

一般的に「肌プルプルになる!」と言われるのがコラーゲンです。

コラーゲンはタンパク質の1種になります。体内のタンパク質の1/3がコラーゲンでできているんです。

コラーゲンが皮膚細胞等でハリ、弾力を保つ役割としての「足場」を担っています。

細胞内に水分を取り込むヒアルロン酸がまず存在し、それをコラーゲン組織が支えて肌が成り立てているんですよ。

お肌の70%がコラーゲンで構成され、内蔵、筋肉、骨、関節、目、髪などのカラダ内に存在しています。コラーゲンは細胞と細胞のすき間をうめるように繊維状または膜状に存在しているんです。

またまた簡単に説明します。

① 加齢や紫外線にさらされることで、コラーゲンは堅くなったり量が減少で、

肌のたるみ、シワをつくる原因に。

コラーゲンの体内に20歳代でもっとも多く、それ以降は減少傾向・・・・40歳代では半分以下になると言われています。

つまり、コラーゲンは若さと健康のために必要不可欠な栄養素になるんです。

②カラダの中でコラーゲンは分解と合成を繰り返していて、年を重ねていくと、このバランスが崩れ分解のほうが多くなります。

それが、老化現象の一つです。

コラーゲンが柔軟性を失うことで、シワが増えたり、ハリがなくなったり、関節や骨が痛むのです。

老化の予防にはコラーゲンを補給することで新陳代謝を促す必要があるといわれています。

皆さんも美と健康を保てるよう規則正しい食事と運動を心がけましょう!!

白岡市・蓮田市・久喜市・杉戸町・宮代町・加須市などの交通事故治療もお任せ下さい。

捻挫・挫傷なども白岡総合整骨院まで。

慢性肩こり・腰痛・疲れなどは附属鍼灸院へ