むち打ち損傷(頚部捻挫)について

こんばんは、宮尾です。

今日はむち打ち損傷(whiplash injury)について解説させて頂きます。

 

交通事故などの追突事故により、首が強く屈伸して生じる損傷です。

一般的に、骨・椎間板の損傷はなく、軟部組織と呼ばれる靭帯・筋・関節包などが損傷されることから、多くは頚部捻挫と診断されます。

病院でレントゲン撮影をして骨に異常がなく頚部捻挫と診断され湿布と薬を処方され痛みに苦しんでいる方が沢山いるのではないでしょうか?

症状は、受傷の翌日あたりから強い首の痛み・頭痛・動作痛が出現し、吐き気・嘔吐・などがみられる場合があります。早期からの安静と治療が必要となりますが、軽快後も治療を中断するとバレーリーウー症候群と呼ばれる頭痛・めまい・耳鳴りなどが持続することがあります。

交通事故に遭った際は、まず病院を受診して整骨院で治療します。

当院では、神経根症状の有無・関節可動域制限など所見を取り、炎症症状を抑え、筋緊張を取り除く手技療法を施術します。

当院では、初期治療が重要であると考え、早期に疼痛を取り除き早期回復を図ります。

 

白岡市の交通事故・捻挫など急性症状は白岡総合整骨院へ

慢性肩こり・腰痛・疲れなどは、附属鍼灸院まで