ぎっくり腰は冷やす?温める?

こんにちは、小関です。今日は強風なので

お出掛けやお仕事から帰宅の際は気をつけて下さいね。

 

今日は12月にお伝えしましたぎっくり腰の続きです。

 

ぎっくり腰になったら安静にするより出来る範囲で

日常生活を送る方が治りが早いという事をお伝え

しましたが、今回は

冷やした方がよいのか?温めた方がよいのか?

について書いていきます!

 

よく物を持ち上げた時、立ち上がった時、体勢をかえた時に

グキッとなった時に冷やして湿布を貼るかたが多いのでは

ないでしょうか?

 

最新の研究結果によりますと冷やして安静にするよりも

温めて動ける範囲で生活する方が予後が良く

湿布よりも使い捨てカイロで温めるのが

腰痛の長期化、慢性化を防ぐ事がわかってきています!

 

ただそこで注意をしなくてはいけないことがありまして

※皮膚障害、やけどがある場合は使わないようにします。

※低温やけどに注意します。

※温めると回復の反応が進むので一時的に痛みが強まる

ことがあります。

※耐え難いような激痛は無理して温めないようにします。

 

白岡総合整骨院では特に腰痛に関しては日々勉強しています

(もちろん他の事も勉強してますよ)

ぎっくり腰や慢性腰痛でお困りの方は

お気軽にご来院、ご相談下さいね!

 

 

腰痛、肩痛、膝痛、関節痛、スポーツ障害、日常生活でのけが

白岡市、久喜市、蓮田市、幸手市、春日部市、宮代町、杉戸町

の交通事故、労災治療はお任せ下さい!