ぎっくり腰の過ごし方

21時にこんばんは、院長小関です!

今日は急性腰痛時の過ごし方について書いていきます。

 

ぎっくり腰になったら安静臥床(寝る)が常識となっていますが

本当でしょうか?

 

250名を対象に

・安静臥床(7日間)

・理学療法(牽引等)

・日常生活

(痛みの許す範囲での仕事、家事、勉強、趣味)を

6ヶ月間観察し、比較試験した結果

3群間の成績に差はなく、この結果からも

今までの常識であった安静臥床は必ずしも適切な対応

ではない事がわかってきました。

 

現在ではあらゆる医療分野においても

出来る範囲で日常生活を送る事が推奨されています。

 

白岡総合整骨院ではぎっくり腰の治療も

得意分野でありますのでぜひ御相談下さい!

 

腰痛、膝痛、肩痛、神経痛、スポーツ障害

日常生活でのケガ、交通事故、労災治療は

白岡総合整骨院まで!20時まで受付中です。